【まだ試してないの?】嫌なジャイアニストを「映画版ジャイアン」に変えるたった一つの方法

仕事

さて、あなたも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、「ジャイアニズム」ってご存じでしょうか。

そう、ドラえもんを見た事ある方ならご存じの通り、「ジャイアンの法則」というやつです。
この法則を守る?実践している人たちを「ジャイアニスト」といい、まあ普通に考えたらちょっと困った人!

主に、自己主張が強い人や、自分勝手な人を揶揄するときに、この表現がつかわれたりもします。
あなたの周りにも、こんな人いますよね?

実際、こんな人が私の周りにはいるのですが、一緒の職場にいる場合が一番大変。
本当に気を遣うのに疲れます。
しかし、このジャイアニストをうまく利用することで、あなたの職場環境がとっても良くなる方法があります。
一体どうやったらよいのか?

はい、そのあたりを詳しく書いていきますね!
もし同じような悩みで困っている方には、考え方を変えるだけなので大変おすすめな内容となっております。

・ジャイアニズムとは?

まずはジャイアンの法則、「ジャイアニズム」について説明していきます。

▼ジャイアニズムとは?▼

①またの名を剛田(ごうだ)主義ともいう
②起源はドラえもんに登場するキャラクター「ジャイアン」に由来
③他社の所有物を自分のものだと言い張る
④自己中心的考え方

▼ジャイアニズムといわれる主な行動▼

①借りたら一生返さない
②暴力的に取り上げる
③自分の思い通りにならないと怒る
④逆らうものは許さない
⑤正しいのはいつも「俺」である

▼名言▼
「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」

Wikipediaより一部引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

簡単に言うと、いるとある意味めんどくさい人である。笑
あと、プライドも高く、自分を否定する人は許さないなど、困ったちゃんであることは間違いない。

▼補足▼
ジャイアン(ジャイアニズム)について面白おかしく書かれている、アンサイクロペディア

・友人の上司タイプ

今回この話を書こうと思ったのは、友人から飲みの席で相談をうけたから。
ちなみに、友人の上司は、結構なジャイアニストである。

①自分至上主義
②意見は認めない
③正しいのは俺の意見以外には無い
④賛同できない場合は、とっても強い態度で納得させられる
⑤さすがに大人なので、借りたものを返さないなどは無い

う~ん?いたら相当嫌なタイプです。
でも管理職である以上、仕事はそれなりにできる人なわけなので、すべてが間違っているとは言えませんね。
当たりが強い人と思われるので、誤解されている部分も多いのかと。

まあ、最終的にはこの人を利用してやろうという魂胆なので、頑張ってもらいましょう。

・ジャイアニズムを逆手に!

アニメ版ではいつも悪い事ばかりしているジャイアン。
のび太を殴ったり、スネ夫のラジコンを壊しても知らんぷり!

しかし、そんなジャイアンが、映画になるとちょっと違う。
いつものようなただのいじめっ子ではなく、仲間想いのナイスガイに変わるのです。
これは「ジャイアン映画ではいいやつ説!」とも呼ばれています。

これを利用しようというのが今回のテーマであり、最終目標です。

会社でいつもの嫌な上司 = アニメ版のジャイアン

計画では、この嫌な上司を映画版のジャイアンに仕立てようという策だ。
こうするとどうだろう?
いつもの嫌な上司が、頼れるナイスガイに変わるのだ。
しかし、そんなに簡単ではない。きちんとした作戦を立て日々実行していく必要がある。

・映画版ジャイアンになった私の上司

実は何を隠そう、私の上司もれっきとしたジャイアニストでした。
入社~2年目までは、正直とってもつらかったのです。
何かあれば、必要以上に叱責されてたし、自分の思い通りにならない事であれば機嫌を損ねられ、後が大変でした。

そんな時、ジャイアニストの上司にも、苦手なものがあることに気が付きます。

そう、ジャイアンには母ちゃんがいるように、上司にも更なる上の上司がいるではないですか。
この上の上司のことになると、結構ビクついている俺の上司。
そんな上司が叱責される内容は、至極まっとうなことであり、部下である私たちが成績をあげなければ、彼は怒られるわけだ。
彼を映画版ジャイアンとして変えるためにひつようなこと、それは「彼の一番の右腕」になること。

▼私が実践したこと▼

①毎日必ず上司に作業内容を報告、確認してもらう
・最初は不振に思われたが、自分の仕事に漏れが無いか都度確認をさせてください!というと快く確認してくれた

②ことあるごとに相談をする
・特に問題なくできるものでも、○○さんからもお力添えしてもらえないでしょうか?と念押ししてもらう
・とても頼りにしているんです!という姿勢を見せる。

③慣れてきたら、上司が困りそうな内容を先回りして解決しておく
・出張中の上司が帰ってきてから大変そうなものを、自分が先にある程度片付けておく
・右腕的仕事をやってみよう

これらを実践するとどうだろう?
これまでとっても嫌だったジャイアニストの上司が、なぜか映画版でカッコいいジャイアンになっているではないか!

仮に他部署から私が責められるようなことがあれば、まずその上司が前に立ち、味方をしてくれるほか、今困っていることが無いか、聞いてくれるまでになった。

そして、「もし何かほかの人に困ったことを言われたら、すぐ俺にいえよ!」とまで。
どっかでこんな人見たことないか?
そう、いじめられるのび太を助ける、「ジャイアンこと剛田武」そのひとである。

ジャイアンの決め言葉、お前のものは俺のもの → 俺の部下は俺のもの へ変わった瞬間だ!

・ジャイアンに守られ出世?

そんなリアル映画版ジャイアンになった私の上司!

ある日、会議の後にその上司に呼び止められ、話をされたことがある。
今度の審査のタイミングで、上に掛け合うから。と。3ヵ月後、辞令があり私は昇格した。
あの上司が推薦してくれ、周りもそれに同調してくれたのだった。

入社して5年する頃には、本当に映画版ジャイアンになってしまった私の上司。
仕事もやりやすくなり、周りにも全く当たらなくなったことが何よりびっくり。

今はすでに退職してしまったが、今でもその上司とは繋がり、たまに飲みに行ったりもする仲です。
相変わらずジャイアニストではあるが、私が退職した後も映画版のナイスガイであった!

・まとめ

さて、今回は友人からの相談に基づき、ジャイアニズムについて書いてきました。
会社に何人かはこんなアニメ版ジャイアンがいると思います。
こんな人と仕事とするのは本当につらいですよね。
私も実体験があるのでその気持ちはわかります。

しかし、考え方や自分の行動一つでそんな嫌な人を、「映画版ジャイアン」であるナイスガイに替えることはできるかもしれない。
そう思いませんか?

すると、あなたの仕事もうまくいくし、何より盾があるので格段に仕事がやりやすくなりますよ。

これは大幅に何かを変えることなく始められるので、まずはそんな上司がいるそこのあなた!少しずつ同調してあげることから始めてみてはどうでしょうか?

大切ことを一つだけ言います。
彼に同調し、彼の右腕となることです!

これを行えば、大抵のジャイアニストはあなたの味方になってくれることでしょう。

私の友人も絶賛実践中です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました