【海外旅行の注意点】日本人は狙われていますよ!

旅行

こんにちはTOYOBOYです。
海外旅行に行くときに気になるのは、人気の観光地やホテルの情報の他に、現地の治安情報になると思います。
私も何か国か旅をする中で、何度か危ない目にあいそうになった経験があり、次回に行くときはそういったことを教訓にしています。
特に空港からホテルへの移動の際から、気を抜いてはいけません。
ここでは、現地について空港~ホテル滞在~外出時の注意点、対策について紹介していきますね。

・空港からホテルまで移動時の注意点

現地の空港についてからホテルまでの移動には、タクシーを利用される方が多いと思います。
しかし、タクシーに乗っていながらも、強盗にあってしまう方も結構多いのが事実です。
少しでも危険を避けるためにも、タクシー乗車中は以下の方法がおすすめです。

画像:無料素材より

1.タクシーはできる限りGrabなどのサービスを利用する
2.空港で直接声をかけてきたりする運転手を信頼しない
3.荷物は貴重品を含めて、トランクに積む
4.タクシー内では携帯電話などを利用しない

1.タクシーはできる限りGrabなど配車サービスを利用する
空港には多数のタクシーがいます。
中にはぼったくりも多く、後でもめることを避けるために、少しでも自己防衛は必要です。

2.空港で直接声をかけてきたりする運転手を信頼しない
空港で外に出ると、タクシーの運転手を装った呼び込みが多数います。
これらはほぼ白タクや、ぼったくりですので、相手にしないようにしましょう。

3.荷物は貴重品を含めて、トランクに積む
空港近辺は、昼夜を問わず渋滞する都市が多いです。
特にフィリピンマニラでは、空港近辺はよく渋滞します。
渋滞中に横からガラスを割り、金品などを強奪する被害も起きていますので、
簡単に取られないよう、トランクが一番安全な場所になります。

4.タクシー内では携帯電話などを利用しない
車内で携帯を弄っているのは、渋滞中であれば周りから丸見えです。
特に日本人はiphoneなどの高級品を持ち歩いており、同じくガラスを割られ奪われる可能性が大きいです。
現地について車内から写真を撮りたい気持ちはよくわかります!
しかし携帯をとられたら、終わりです。
気持ちを抑えて行動しましょう。

・ホテル内での注意

ホテルの中でも気をつけねばならないことは多数あります。
気を抜かずにいきましょう。

Case1.あなたは女性です。
  もし一人でエレベーターに乗った際に、別の階から男性が乗車してきて、自分と同じ階で降りた場合、あなたならどうしますか?

× 一目散に部屋に逃げ込む
自分の部屋がばれてしまうほか、そのまま部屋内まで押し込まれる可能性がありますので、絶対にしないでください。
※ホテルの宿泊階に上がるのに、フロントを通さず行けるホテルのほうが圧倒的に多いですが・・・

〇 一旦時間を潰すふりなどをして、直接自分の部屋に向かわない
  できれば、そのまま再度エレベーターに乗りフロントに行く。

Case2.夜間寝ているときに部屋のノックがありました。
  さてどうする?

× ドアスコープをのぞいたら、ホテルの服を着た人だったので、そのまま開けた。
※絶対だめです。
ホテルの従業員と同じ格好をしただけの強盗の可能性などもあります。

〇 フロントへ電話し、自分の部屋のノックがあったが何の用か確認する。

必ず要件が何かを確認してください。
ホテルの従業員であれば、フロントから直接その担当へ連絡をしてくれます。
もしフロントが電話に出ない場合、そのまま無視しましょう。
急用であれば、フロントから電話が来るはずです。

※TOYOBOYも1度経験しました。
 調べたところ、隣の部屋の子供のいたずらでしたが・・・・


画像:無料素材より

・外出時の注意点

1.ブランド品のバックなどを持ち歩かない
・いかにもお金持ちのアピールは強盗してくださいと言っているようなものです。派手なアクセサリーや服装も控えましょう。
ピアスなどは、引きちぎって持っていくケースもあるようです。(相当痛いはずです)

2.レストランなどで食事中、貴重品が入ったバックは自分の前に持ってくる。
・フィリピンの現地の友人は絶対に後ろにしょったままなどにしません。
 必ず自分の膝の上などの置いて、常に目を離さないようにしています。
 外出時、人が多い場合はリュックは自分の前にしょったり対策しましょう。
 ※ジーパンの後ろのポケットに、財布や携帯を入れるのは絶対やめましょうね。

3.テーブルの上に携帯などを置かない
・日本のファミレスなどではみんなやってますよね?
海外旅行中は絶対やめましょう。気が付かないうちに持っていかれてしまう事件が多く発生しています。料理の写真を撮ったら、ポケットにしまいましょうね。

4.街中でお金を落として困っていると話しかけられた。
さてどうする?
・私も一度遭いました。
街中を散策していると、いきなり一人の現地男性が「お金を落としてしまい、困っているので、少しでいいから貸してほしい」と話しかけてきました。
普通お金を落としたら、せめて現地の人にまずは相談をしますよね?
外国人に相談している = 哀れに思い、財布を出した瞬間強盗に化ける可能性があります。

その後同じショッピングモール内で同一人物に出くわしましたが、
何人かで楽しそうに飯を食ってました。

5.お金は小分けにしておく
・一か所の財布で持ち歩くと、落とした時もそうですが、もし強盗に遭った場合、すべてお金がなくなります。
出来れば、小銭入れのような小さい財布をメインで使い、お札は何か所かに分けて持ちましょう。

※私はメインはマネークリップ(その日使う交通費と食事代プラスα程度)を使用し、予備のお札は靴の中と、カーゴパンツの膝についているポケットの2か所に分けて持ちあるいています。(※必要最低限しか持ち出ししません)

・まとめ

日本人はお金を持っていると思われていますので、海外では狙われる可能性が高いです。
少しでもリスクを抑え、楽しい旅行をするためにも、上記は最低限実施してくださいね!初日から全財産奪われてしまったり、携帯を盗られたら、旅行どころではありませんから。

 私は現地の友人たちと一緒に出掛ける中で、注意されたりしながら少しずつ覚えましたが、本当に教えてもらってよかったと実感しています。
そのぐらい日本は平和で安全なんですけどね!

皆さんも安全対策をしっかりと行い、楽しい旅行をしてださい。

ではでは!またっ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました